◇それは言えまへんがな

   

    ビデオレンタルのシステムとして返却日を越えた場合には

    延長料金が加算されていくんです。

    このことはレンタルビデオを借りたことがある人なら周知のことと思います。

    うちの店では、お忘れの方もいらっしゃいますので、

    返却日を3日と6日超えた時点でお客様に電話でお知らせをしているんです。

    ところが、電話をした時にご本人様が出られた時は別に問題はないのですが、

    ご家族の方が出られた場合、問題なんです。

    借りている商品が普通のものであればいいのですが、

    アダルトビデオを借りている場合に困ってしまうんです。

    たとえば、親に内緒で借りていたり、または奥様に内緒で借りていたりする場合があるんです。

    そういった場合、ビデオを借りていること自体が秘密になっていますから、

    本人以外のご家族の方が知らないわけです。

    ですから、借りた覚えがないので、『何のビデオですか?』とか

    『ビデオのタイトルを言って貰えますか?』って聞かれるわけなんです。

    これが困るんです。

    やはり、モロに「団地妻、下半身の疼き」とか「近親相姦 母と息子」とか言えないですものね。(笑)

    だってもし、息子が「近親相姦 母と息子」なんていうビデオを借りているのがわかったら、

    お母さんショックで寝込んでしまいますものね。

    ほんと家庭不和の元になってしまいますから・・・

    マサは、『ご本人様以外には、タイトルは言えない事になっています。』

    と半ば意味不明のことを言って凌いでいます。

    でも、マサがこう言った時点でうすうすわかってしまうんでしょうが、

    まあ、直接言うよりいいかなってな感じですね。

    皆さん、親に内緒でとか奥さんに内緒でこっそりアダルトビデオを借りた時には

    延長をしないようにしましょうね。

    それが家庭不和の引き金になるかもしれませんから。

    

2001.08.10

BACK