◇卵の腐ったような・・・

   

    レジに入っているときに困ることってあるんです。

    皆さん、何だと思います?

    それは、生理現象なんです。

    生理現象といっても「固体」「液体」「気体」とあるわけなんですが、

    昔、物理で習った物質の三態ですね。

    人員が足りている時はいいんですが、欠員があったり、

    休憩中のスタッフがいる時など、困る時があるんです。

    カウンターでお客様を受けていて、その後も何人か並んでいる場合です。

    「固体」の場合、これは限界まで我慢すると危険です。

    実は、カウンターが1階にあり、トイレは2階の奥にあるんです。

    だから、トイレに行くのにちょっと時間を要するわけです。

    とりわけ、「液体」混じりの「固体」の場合は、言わずもがなのことでございます。

    まあどうでもいいのが「気体」なんですが、

    だからでしょうかこっそりとガス抜きをしてしまうんですね。

    我慢をしていてもしゃがんだりした時に自然放出される場合もあるんですが。。。

    問題なのは、匂いなんですね。

    マサの場合、お腹の中での発酵状態が良好なのでえげつない臭いがするんですね。

    店では制服は無く、エプロンをつけているんですが、

    体内で暖められた気体がスーっとエプロンの内側を通って

    ネクタイあたりから上昇してくるわけです。

    自分で言うのもなんですが、これがまたものすごく臭いんです。

    だけど、『ちょっとトイレ行ってきます。』ったって、お客さん並んじゃってるし無理なんです。

    と言う訳でスタッフの皆さん宜しゅうお願い申し上げますだ。

    「出もの腫れもの所を嫌わず」って言うもんね。(笑)

    でも、マサの偉いところは、ぜったいに黙ってないってことだね。

    よく「おなら」をしても知らん振りをする人がいますが、これはマサ的には違反行為です。

    必ず、宣言をしないといけないのです。

    そういえば、昔、職場の同僚と満員のエレベーターに乗り合わせた時なんですが、

    マサ、我慢していたんだけど、お尻の筋肉を緩めたんですね。

    そうしたら、スッと出てしまったんです。

    出てしまったものはしょうがありませんから、それだけに止めておこうとしたんですが、

    どういうわけか、お尻を締めるタイミングがずれてしまい、

    結局のところ、すっかり全部でてしまったんです。

    エレベーターという個室の中で、しかも満員なんです。

    これって、かなりやばいですよね。

    さらに悪いことに、自分で言うのも何ですが、超臭いのです。

    発酵度数200%というところでしょうか、

    例えるならば、目にしみるような臭さというのでしょうか。。。

    マサは心の中で「やばいぞ!」と思いながら黙っておりました。

    だって、こんな状況ではさすがに宣言できませんものね。

    間違って言おうものなら殺されかねない雰囲気なんですから。

    そうしたら、あっちこっちで咳払いが聞こえてきたんです。

    あまりの臭さにむせているのでしょうか?

    それとも、屁をこいたのは自分ではないということをアピールしているのでしょうか?

    あの咳払いは何だったのでしょうか?

    始めはマサ、「やばい!」って思っていたんですが、

    臭いが広がるにつれ、なんだか可笑しくなってきたんです。

    むしょうに笑いが込み上げてくるんですね。

    むしろ、これこそやばいですよね。

    笑いをこらえるのに苦労しました。

    なにしろ、「おなら」の犯人を知っているのはマサだけなんですから。

    あの時の緊迫感に満ちたひと時は忘れられません。

    やがてエレベーターは止まり、心なしか皆、足早に出て行きました。

    同僚は血気盛んな奴だったんですが、ものすごく憤慨しておりまして、

    『こんな満員のエレベーターの中で

    卵の腐ったようなおならをする奴は殴ってやりてぇー!』って、怒り心頭なのです。

    まいりましたね。

    こんな怒っているなんて。。。

    黙っていれば判らなかったんですが、マサの性分ですから。。。

    『ごめんね。あのおなら、俺がしたの。。。』って謝ったんです。

    同僚はあぜんっていうか、絶句状態でしたね。

    暫く、変な空気が流れてしまいました。

    その後、彼のマサに対する評価が下がったのは言うまでもありません。(爆笑)

        

2001.11.01

BACK