◇張り込み

   

    3年前のことですが、何でもひったくり事件の犯人のことで警察より問い合わせがあったんですね。

    そうしたら、犯人がうちの店の会員でしかも「当日」で商品を借りていたんです。

    「当日」ということは、その日の閉店までのご利用となっていますから、

    (延長される場合もありますが)

    通常、時間までは特定できませんが、閉店までに商品を返却に来店されるわけです。

    その旨を話したら、刑事の方が2名「張り込みに」やってきました。

    なんかすごいことになったなぁって思いました。

    もし、犯人が店にのこのこ商品を返しに現れたら、逮捕の瞬間が見られるかもしれないし、

    犯人が抵抗して暴れたらどうなっちゃうんだろうかとか想像しましたよ。

    ところが、待てど暮らせど来ないんですね。

    刑事の方は、『警戒して商品を返しに来ないかもしれないな。』と言っていましたが・・・

    それもそうですよね。

    そんなやばいことになっているのに、いちいち商品なんて普通返しに来ないものね。

    それでも、暫く、刑事さんは張り込んでいたんです。

    でも、一向に犯人が来る気配がありませんでした。

    業を煮やしたのでしょう。

    『ちょっと、外を見てきますから。』と言って2人の刑事さんが店を出て行かれたんです。 

    さすがに、刑事さんたちがいなくなるとちょっと不安になりましたが、

    今までずっと来なかったし、今日は先ず来ないだろうとたかをくくっていました。

    そうしたら、刑事さんたちが店を出てそう時間がたたないうちに来たんです。

    犯人が・・・・

    犯人といってもうちの店が損害を被ったわけではありませんし、

    普通に返していただければ、お客様ですから別に問題はないわけです。

    犯人に対して個人的な恨みだってないしね。(笑)

    その時、マサは返却された商品を棚に戻そうと棚の方に向かって歩いていました。

    犯人は、カウンターに商品をさっと置いて直ぐに出て行きました。

    店に留まっていたのはほんの数秒のことでした。

    刑事さんが1人残っていればよかったんですが・・・

    間の悪い時ってこんなもんでしょう。

    「張り込み」失敗の巻きでした。

    でも、マサ、なんだかホッとしたのを覚えています。

    

2001.08.27

BACK