◇二千円札

   

    それにしても人気がないねぇ〜

    「二千円札」

    お客様に釣銭を渡す時に『二千円札を入れてもいいですか?』って聞くと

    断られることが多いものね。

    せめてその風貌が良ければ、まだ救いがあるんだけど・・・

    これがまた、安っぽいときたもんだ。

    だけど、作る方も五千円札より立派にできないし、

    千円札よりは多少威厳みたいなものを加えないといけないし、

    何かと大変だったことだろうと思うけどさ・・・

    もうちょっと何とかならなかったのかなって、皆さん思いません???

    不人気の理由は、なんといっても使い勝手の悪さでしょう。

    自動販売機はほとんど使えないし、「持っていても意味ないじゃん」ってなことなんだね。

    ほんと、無用の長物。

    作った故小渕総理には申し訳ないけど・・・

    2000年だから2000円札というのも思いつきの何ものでもないね。

    貨幣単位が十進法だから、半分の「5」はあった方が便利だけど、

    五分の一の「2」は、別に無くても不便ではないよね。

    作ってしまったものは、今更どうしょうも無いけど、これって税金の無駄使いだったよね。

    でも、今現在、店で使われることがあまりないから、日銀が流通を抑えているのではないのかな。

    流通量が増えれば、不評があっちこっちに噴出してしまうでしょうから・・・

    そうすれば、故小渕首相の顔に泥を塗ることになってしまいますものね。

    先ずそれは避けたいところでしょう。

    将来的には需要がないんだから、記念紙幣的な存在になってしまうのかも・・・

    

2001.08.25

BACK