◇茗荷(みょうが)

   

   今、自宅ではクンシランが咲き始めました。

   クンシランって、花が咲いていないと、とても地味な感じの植物なんです。

   それが日頃のウップンをはらすかのように力強く咲いています。

   これは、写真に収めておかなければと思い、デジカメを持ち出して玄関を出ました。

   こういう時でないと自宅の植木をまじまじと見ないものなんですね。

   新しい発見がありましたよ。

   ほんとに猫の額ほどの大きさの茗荷畑から、たくさん芽が出ていました。

   (畑といえる代物ではありませんが・・・)

   鉛筆のように細い竹の子のような形です。

   父の話では、茗荷って繁殖力がすごく強いとのことです。

   ですから、地面の中にまで間仕切りをして茗荷が広がらないようにしています。

   広げちゃえばいいのにと思われるかもしれませんが、そうもいきません。

       小さい庭全体が茗荷だらけになってしまいますから。

   何はともあれ、今から楽しみです。

   今年も少ないながらも我が家の食卓をにぎわしてくれることでしょう。

             
           茗荷の芽             クンシラン

     

2001.04.18

BACK