◇カー介は元気でした。

   

   メモリーとWindows2000を購入し、その帰りにカー介のいる公園に寄ってみることにしました。

   あれから、カー介はどうしていることやら、ちょっと気になっていたので・・・

   カー介と出会った場所に行ってみると、人懐っこいカー介は、水鳥に餌をやりにきた人から餌をもらっていました。

   元気な姿にほっとしました。

   人懐っこさが災いして捕まえられたり、悪さをされたりということが考えられるので心配です。

   とかく、カラスは人に嫌われますから・・・

   さっそく、カー介に近づいていきましたが逃げませんでした。

   マサのことを覚えていたとは思いませんが、うれしいものです。

   腰をおろすと、カー介はピョコピョコとマサに近づいてきました。

   どうやら、お目当てはマサの持っているビニールの袋のようでした。

   袋の中に食べ物が入っていると思っているのでしょう。

   ビニール袋をくちばしでつつきだしました。

   メモリーを壊されたら大変なのでビニール袋を懐に隠すことにしました。

   すると今度は背中の方に回り込み、着ている皮ジャンをつつきだしたので、

   思わず立ちあがってしまいました。

   カー介は、今度はマサの自転車に飛んでいき、前と同じように、

   自転車のカギやらをつつきだしました。

   よっぽど気になるのでしょう。なんか夢中になってついばんでいます。

   面白いので、しばらく眺めていました。

      
          カー介のどアップ     何を考えているのやら?     カギをつつくカー介     ボクって色男でしょう?

     

2001.02.22

BACK