海外の映画祭

世界中には、大小を取り混ぜると400〜600の映画祭が存在しているといわれています。
その中から主だったものをピックアップして紹介します。

映画祭

開催時期 コメント ホームページ
カンヌ国際映画祭 フランス 世界最大の映画祭。最近では「うなぎ」がパルム・ドール大賞を受賞。 http://www.festival-cannes.fr/
ナント三大陸映画祭 フランス 12月初め アジア・アフリカ・ラテンアメリカという3つの大陸の作品を対象にした映画祭。コンペ部門あり。
ジュラルメール・ファンタスティック映画祭 フランス 1月の終わり ファンタジー・サイコスリラー等のジャンルでは最大の映画祭。コンペ部門あり。 http://www.gerardmer-fantasticart.com/
ヴェネチア国際映画祭 イタリア 9月初め 世界で一番歴史のある映画祭。グランプリ(金獅子賞)に黒沢明、稲垣浩、北野武が輝いている。
トリノ国際映画祭 イタリア 11月半ば ヤングシネマのコンペ部門あり。 http://www.torinofilmfest.org/
ベルリン国際映画祭 ドイツ 2月半ば 世界3大映画祭の一つ。ヤングシネマ部門に定評がある。 http://www.berlinale.de
ロッテルダム国際映画祭 オランダ 1月終わりから2月初め 1995年から長編1、2作を対象とするコンペ部門を開始。 http://www.iffrotterdam.nl
ロンドン映画祭 イギリス 11月 コンペ部門なし。
サン・セバスチャン国際映画祭 スペイン 9月半ば 通常のコンペ部門と長編1、2作を対象とするコンペ部門あり。 http://www.sansebastianfestival.com/
ロカルノ国際映画祭 スイス 8月半ば ヤングシネマのコンペ部門あり。長編1作目を対象とした批評家週間あり。 http://www.pardo.ch
ソチ国際映画祭 ロシア 6月初頭 ヤングシネマのコンペ部門あり。
モントリオール世界映画祭 カナダ 8月終わりから9月初め コンペ部門のある北米最大級の映画祭。「鉄道員」で高倉健が主演男優賞 http://www.ffm-montreal.org
トロント国際映画祭 カナダ 9月半ば 最近急成長して、規模が大きくなった映画祭の一つ。コンペ部門なし。 http://www.bell.ca/filmfest
ヴァンクーバー国際映画祭 カナダ 10月初め ドラゴン&タイガー賞という長編1、2作を対象とするコンペ部門あり。 http://www.viff.org/
サンフランシスコ国際映画祭 アメリカ 4月末から5月 世界の若手監督作品を対象としたコンペ「SKYYプライズ」を行っている。 http://www.sfiff.org/
ニューヨーク映画祭&ニューディレクターズ/ニューフィルムス アメリカ 10月/3月 10月に映画祭で紹介された作品のアメリカ・プレミアを行い、3月にニューヨーク近代美術館との共催で、アメリカでは馴染みのない監督の新作を特集上映する。 http://www.filmlinc.com/
ブエノスアイレス国際映画祭 アルゼンチン 4月中旬 南米の映画祭では一番新しい映画祭。世界の若手監督作品を対象としたコンペを実施。
釜山国際映画祭 韓国 9月終わりから10月 アジア産の長編1、2作を対象とするコンペ部門あり。 http://www.piff.or.kr/
香港国際映画祭 中国 3月末から4月 アジア映画の秀作がいち早く観られる。コンペ部門なし。 http://www.hkiff.com.hk/

*ホームページアドレスは、変更及び、開設期間が限定される場合があります。また、ご利用の際はセキュリティ対応など充分ご注意下さい。

BACK